DAICOを利用したThe ABYSSとは!ICO登録方法・買い方

theabyss daico

今後有望なICO案件、The ABYSSという仮想通貨について、ICOの参加方法や購入方法について@kumaoが解説します!

The Abyssとは

The Abyss(アビス)は、ビデオゲーム配信の土台を作るサービスです。その中でのあらゆる報酬でABYSSトークンが使われます。

ゲームをするひとたち(ゲーマー)は、ゲームをしたり、宣伝をすることでABYSSトークンを貰うことができます。

そのため、放っておいてもゲーマーが積極的にABYSSのゲーム配信サービスを周りに広めていくと予想されます。

変に宣伝しなくても、ゲーマーによって勝手に訴求してもらうことができるんです。それに応じて、The Abyssトークンの価値も高まっていくでしょう。

一応以下が公式サイトの翻訳した原文です。少し難しいですね。先ほどお伝えしたことが細かく書かれている感じです。

The Abyssは、急速に成長するグローバルゲームコミュニティに、AAAタイトルを含むあらゆる種類のビデオゲーム(Free2play MMOと暗号ゲームを主要な優先課題とする)を提供する次世代のデジタル配信プラットフォームです。他のプラットフォーム(Steam、Origin、GOGなど)とは異なり、The Abyssは画期的なモチベーションとマルチレベル紹介システムを備えており、ゲーマーはゲーム内や社会活動やその他のゲーマーの支払いを得ることができます。 The Abyssに参加することで、開発者はマーケティング費用を削減し、プラットフォーム上の他のゲームで紹介された支払いから余分な収入を得ることができます。

 

ちなみにABYSSはイーサリアムをベースとしたトークンです。

またABYSSを作った親元はDAICOというところにあります。そのDAICOとは一体なんのか説明していきますね。

 

DAICOとは

daico

https://ethresear.ch/t/explanation-of-daicos/465より

ICOを実施した提供元が途中で開発を止めたりすることで、購入者が不利益を被ることが過去に何件もありました。

DAICOはそれらを防ぐために設立された団体です。言い換えるとICOの不正を排除するための団体です。真に価値のある良いICOのみ世の中に広めていきましょうという健全な取り組みなんです!

今回のThe Abyssは、そんなDAICOが取り組む最初のプロジェクトです。

いままでICOで上場するときは、上場直後に運営側は全ての資金を手にしていました。そうすると、大金を手にした運営は、それだけで満足してしまい上場直後に開発をやめてしまうor適当になってしまう企業・団体が増えてしまいます。

DAICO

ただ今回DAICOは具体的に不正をなくす方法として以下を決めました。

運営側はICO上場後に一度に上場時の報酬を受け取ることができない。毎年受け取れる金額が設定されていて4年間かけてしか受け取ることができないのです!

つまりAbyssプロジェクトの運営側としては、途中でAbyssの開発をやめてしまうと報酬を一部しか受け取れないというデメリットが生じます。

運営側は、ABYSSを上場ゴールで終わらせてしまうと報酬が一部しかもらえないため、開発を続けるという形になります。そういった仕組みが、結果として上場だけをゴールとした不正なICOを撤廃することにつながり、トークンの購入者(支援者)側にとって大きな安心材料となります。

さらに重要なことをお伝えします!

DAICOはビタリック氏が提唱

実はこのABYSSプロジェクトには、イーサリアムの創業者ビタリック氏も関わっています。というかビタリック氏が提唱したものなんです。

ビタリックさんが関わったICOはたいてい価値が大化けしていますから、期待は大きいです。Omisego(オミセゴー)などがその代表格です。

一応公式サイトがDAICOに関してしている説明です。こちらも少し難しいですね。

DAICOは、初期のICOコンセプトをアップグレードしてより透明かつ安全にすることを目的とした地方自治体(DAO)の利点の一部を統合する、革新的な資金調達モデル(Ethereum、Vitalik Buterinの創始者によって提案された)です。 Abyss Token Saleは、先進的で改良されたDAICOモデルであり、寄付者が資金の撤回をコントロールできるようにするとともに、プロジェクトを停止し、チームがそれを実装しなかった場合に寄付された資金を払い戻すオプションを提供する.Oracles(指定産業指導者)が仲裁人として働いています。

ABYSS公式サイトより

 

ABYSSの直近ロードマップ(スケジュール)

ICOの期間は2018年2月7日から3月1日です。

→ICOの期間が延期になりました。2018年3月7日深夜0時から開始となります。終了は4月7日までです。

→再度延期になりました。4月16日に詳細が出る予定です。

延期の理由としては、直近のイーサリアムの価格が大きく変動しすぎていたためと言われています。あまりにも大きく変動すると投資家側の資産価値が安定しないですからね。

abyss運営のこの判断は、むしろ適切だと私は考えています。ICOの開始が送れることでabyssの価値が下がることはありませんし、市場が安定しているときに上場してもらったほうが、価格もそれなりになりますからね。

またもう一つの理由として、セキュリティの強化のためと報告されています。しっかりとDAICOのシステムにのっとった形でシステムが組まれているかも含め再チェックをしているようです。用意周到ですね。

最低でも5,000ETH(イーサリアム)が集まれば、ソフトキャップ (ICO成立)となります。それ未満しか集まらなかった場合は、集めたイーサリアムはちゃんとみなさんの元に返金されます。まあこのICOに関しては、5000ETH未満ということはまずないと思います。

ICO初日、つまり2月7日に買うと+25%のボーナスがつきます。

  • 2日目~5日目は+15%
  • 6日目~10日目は+10%
  • 11日目~15日目は+5%

形となります。

【2018年3月12日更新】ボーナスの条件も変わりました。

  • ICO初日から48時間は+25%
  • 3日目から7日目は+15%
  • 8日目から14日目は+10%
  • 14日目から21日目は+5%

がつく形です。

1ETH=5000ABYSSと固定になりますので、いつ参加してもレートの影響は受けません。イーサリアムが10万円の時にABYSSに投資しようが、20万円の時に投資しようが、貰えるABYSSの金額は変わりません。

早く参加するほどボーナスの金額が増えるので、参加する方は早めがいいでしょう。

またThe Abyssは購入量の制限を行っていて、もし100 000 ETH以上集まれば、集まった段階でICOが終了になりますので、その意味でも早く買ったほうがいいです。

私はICOが開始した瞬間送金し、参加します。早いもの勝ちです。あくまで余剰資産でお願いします。

(本音:みなさんあまり早くたくさん買いすぎると私が買えなくなってしまうので、ほどほどにお願いします笑)

 

ABYSSの購入方法

まずICOに参加する必要があります。ICOはまだ開始されていませんが、サイトに登録しておけばICOが開始した時に通知がきます。事前登録はもちろん無料ですし、メールアドレスさえ用意しておけば数分で完了します。

Abyssトークンはイーサリアム(ETH)での購入になりますので、用意しておきましょう。

 

ABYSSのICO登録方法

①まずこちらのABYSS公式サイトにいきます。(ブックマーク推奨)

すると以下の画面が出てきますので、オレンジ色の「REGISTER NOW」というバナーを選択します。

ABYSS登録

 

②メールアドレス・パスワードを2回入力し、レ点に二箇所チェックをいれます。

Reportなんちゃらという項目は入力不要です。

abyssのICO登録メールアドレス

※パスワードは英数字8文字以上が必要です。

セキュリティの観点で、他のサイトとは別のパスワードを推奨します。なるべく複雑なものを入れましょう。記号や大文字を混ぜると良いです。

どこかにメモをしておくのも忘れずに!私はスマホのパスワード管理アプリに入れています。

 

③情報を入れ終わり、レ点をつけたら最後に「CREATE AN ACCOUNT」を選択します。

abyssのICO登録3

 

④すると以下のように「THANK YOU」と出てきます。ただ、まだ終わりではありません。

abyssのICO登録4

 

⑤先ほど入力したメールアドレス宛にABYSSからメールが届いているので、確認します。

※確認できない場合は迷惑メールボックスもチェックしてください。

メールの本文を見ると、下記のメッセージが届いていますので、「Yes, activate my account」を選択します。

abyssのICO登録5

 

⑥ログイン画面になるので、先ほど入れたメールアドレスとパスワードを入力します。

その後「I’m not a robot」にレ点チェックを入れて、「LOG IN」を選択します。

abyssのICO登録6

 

⑦「CONGRATULATIONS!」と出たら、登録完了です。

今後ICOの募集が始まると、登録したメールアドレス宛にICOの参加方法などの詳細が届きますので、お待ちください。

※大半のICOは、運営側が指定したイーサリアムアドレスに入金すると、申し込み完了となります。それは後日運営側より告知されます。

abyssのICO登録7

 

※補足

セキュリティ強化のため、2段階認証もやっておきましょう。

「SECURITY」を選択して、その後に「Off」になっている「TWO-FACTOR AUTHENTIFICATION」をOnにします。

ABYSS2段階認証

 

すると以下のような画面になります。

ABYSS2段階認証登録2

QRコードが出てきますので、スマホアプリ「TWO-FACTOR AUTHENTIFICATION」よりバーコードを読み取ります。

ABYSS2段階認証登録3

そんな感じでアプリで読み取ると、数字6桁がアプリ上で表示されます。そのアプリに買いてある数字をABYSSページの「PASSWORD FROM THE APP」という箇所に入力し、「CONFIRM」を選択します。

 

最後に以下の画面に戻れば、2段階設定完了です。

ABYSS登録

 

ABYSSのICO参加にはイーサリアム(ETH)が必要

ICOが本格的に開始になる前にイーサリアムの調達が必要になります。というのもABYSSはイーサリアムベースのトークンのため、ICOに参加するには今後イーサリアムを送金が必須です。

当日急にイーサリアムを準備するのは大変なため、イーサリアムをまだ持っていない人は先に調達しておきましょう。

イーサリアムをお得に手に入れるにはZaifQUOINEXビットバンクが安くて良いです。ビットフライヤーはスプレッドと手数料が高いのであまりおすすめしません。

下記の記事も参考にどうぞ!

【関連記事】イーサリアム(ETH)購入におすすめの取引所と将来性まとめ!

 

送金はMyEtherWalletから送付しましょう

イーサリアムを買った後、取引所からABYSS(送り先は今後公表される)へ直接送るとエラーが起こります。そのため、MyEtherWaletからABYSSへ送ることを全力で推奨します。

MyEtherWaletはイーサリアムを保管するウォレットとして最もメジャーなものです。

またマイイーサウォレットから送る際に、GasLimit(ガスリミット)というものを設定することができるのですが、これを必ずにしましょう。公式サイトにも書かれています。
※ガスリミットとは、イーサリアムの送金やコントラクトを実行する際に必要な「燃料」として使われるものです。

abyss gaslimit(ガスリミット)
※出典:abyss ICO公式サイトより

マイイーサウォレットはこちらから登録できます↓
https://www.myetherwallet.com/

マイイーサは後からでも登録できますので、まずはabyssに登録することをおすすめします。登録が終わったらあとは運営からお知らせがくるまで待ちましょう。

いま仮想通貨全体が盛り下がっていますが、どうせ復活しますので、今のバーゲンセール中に買い集めておくことをお勧めします。

 

2018年3月4日追加↓

Abyssのホワイトリスト登録が必要

AbyssのICOに参加するには、ホワイトリスト登録が必要になります。

直近でこういったメールが来ていたと思います。

abyssホワイトリスト

これは早めにやっておいたほうがいいです。

方法はAbyssのプロフィール画面に入り、下の方に進むと「WHITELISTING」とあり、

さらにその下に「CONNECT」とありますので、押します。

abyssホワイトリストbot登録

※ホワイトリスト登録にはテレグラム(Telegram)の登録が必要になります。
テレグラムはSlackのようなチャットツールです。企業に質問ができるLINEの質問グループみたいなものです。

「SEND MESSAGE」を押します。

 

abyssホワイトリストtelegram(テレグラム)

※テレグラムの登録は無料です。
パソコンでやるときは事前にダウンロードが必要のようでした。
私はMACでやりましたが、アプリのインストールが必要でした。アプリをインストールしていない状況では、Telegramが起動しませんでした。スマホの人もアプリのダウンロードが必要なはず。

テレグラムのアプリをダウンロードした上で進むと、以下のようなチャット画面になります。

abyssテレグラムbot

こういった画面のようにテレグラム上でいくつか質問されます。ボタンをぽちぽち押して回答してきましょう。

  • 参加しますか?→参加!
  • 国を選ぶ画面→日本
  • 内容を十分に理解したか?→はい
  • 米国市民か?→いいえ
  • ETHヘの出資金額の予定額→数値を入力

といった感じです。ちなみに最初に出てくる日本のabyssチャンネルと、英語の公式テレグラムチャンネルの両方に参加する必要があります。両方入ったところで別にデメリットはありません。というか入らないとbotのメッセージがきません。

いずれも回答が済むと、ホワイトリスト化が完了しましたと出ます。

最後に念のためプロフィール画面で、「WHITELIST」が「Activated」になったことを確認しましょう!

abyssアクティベーション

ホワイトリストに関しては、以上です。

KYC(本人確認の手続き)はじきに知らされるようなので待ちましょう!

2018年4月1日追加↓

AbyssのKYC登録が必要

KYCとは「Know your customer」の略で要するに本人確認みたいなものです。まともなICO参加時にはだいたい必須になっています。ICOに参加する日は必ず登録する必要があります。

KYC登録方法

ABYSS公式サイトに行く。

・「FILL KYC/AML FORM」を押す。
※進む前に右腕のタブで言語を日本語にしておくと便利です。

・「米国の居住地および国籍を有しますか?」に「NO」を押す。

・「ARE YOU A CITIZEN OF ONE OF THESE COUNTRIES」に対し「NO」を押します。

・国籍、名(英文)、性(英文)を入力。
ミドルネームは大半の方はないと思うので「ミドルネームを持っていません」にチェック。
制限月日、性別を入力。

「文書タイプ」で本人確認書類を選択。私はパスポートにしました。ない方は免許証とかになりますね。

「シリアル番号に」書類の番号を入れます。

その後指定の写真を合計3枚撮り、アップロードします。

最後に完了を押せば終わりです。しばらく待つと運営からメールがきます。

参考になれば幸いです。
それではでは〜!

登録をおすすめする人気の仮想通貨取引所を徹底比較【ビットコイン・イーサリアム・リップル・ネム】

ABOUTこの記事をかいた人

保有資産の95%が仮想通貨。ビットコイン、イーサリアム、ネムなどを中心に取引所やウォレット情報その他諸々を執筆。仮想通貨はほぼ売っておらずガチホを貫く。将来ブロックチェーンの技術が実用化されることを確信している。いや、祈っているだけかもしれない、そんな管理人。 クマオ@仮想通貨のTwitterはフォローはこちら