XEM取引所はここを選べば間違いないBEST3

今後の将来が期待されているXEM。(わたしもXEMちゃんはガチホしてます!)

この記事では、「XEM/NEMを買いたいんだけど、どこで買ったらいいかわからない」という方向けに、著者の@kumaoがここでXEM購入すれば失敗はない取引所をお伝えします!

ちなみにNEMの売買の通貨単位がXEMです。なのでNEMもXEMも同じものを指してます。安心してください。

国内のXEM取引所

①初心者なのでとにかく簡単に買いたい方=コインチェック→現在取引停止中

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
メリットその1=簡単、わかりやすい

XEMを買うのに最も簡単な取引所が、コインチェックです。スマホが画面がわかりやすく充実していて、iPhone・Android・タブレットからすぐに気軽にXEMが売買できます。無料ですし、とりあえず登録しておきたい取引所です。

 

メリットその2=チャートが見やすい

チャートがシンプルでサクサク見た目を変えられるため、非常に見やすいです。コインチェックのチャートは本当に気軽に見られるため、私も一番使います。

 

デメリット=手数料が高い

コインチェックは手数料が高いです。指値ができず、不利なレートでも約定されていまいます。慣れてきたら別の取引所に移るのも手です。コインチェックさんすみません、愛してます。

 

 

②手数料をとにかく安く済ませたい、でも国内がいい=Zaif

正直国内でXEMを買うなら、Zaif取引所が一番おすすめです。

メリットその1=手数料が安い

ZaifでXEMを購入するときの手数料はたったの0.1%です。もしZaifで10万円分のXEMを買っても、手数料はたったの100円です。国内では一番安いです。

 

メリット2=チャットが充実している

Zaifチャットでは、割としっかりした人が多く有益な情報が飛び交うことが多いです。初心者の方は見ているだけで、かなり参考になることも多いと思います。チャットでいいコメントをすると、チップとしてモナコインやXEMなどのコインをもらうこともできます。

 

③XEMのレバレッジ取引をしたい=DMM Bitcoin

大手の取引所で売買したいならDMM Bitcoinも選択肢に入ってくるかと思います。

メリット=1

レバレッジ取引という自分の入金した以上の掛け金をかけて仮想通貨を売買できます。これをFX取引といい、基本は5倍に設定されています。つまり、自分が入金した金額が10万だった場合でも、FX取引だと50万円分の取引ができます。

ただ設けられる可能性が高い分、リスクも高まります。

メリット=2

大手であるため資産が安定している。もしも何か起こったときでも対応できる可能性が高い。自社のマイニング工場で仮想通貨を掘っていたりもするので、それも強みではある。

DMM Bitcoin公式サイト

 

海外のXEM取引所

XEM以外も取引したい=Bittrex

メリット=手数料が安い

海外のBITTREXという海外取引所もおすすめです。取引手数料が0.25%です。Zaifの0.1%より高いですが、出来高(流通量)がBITTREXの方が多いため、自分に都合の良い指値で売買でき、結果としてお得に取引ができます。

 

デメリット2=日本語が使えない

海外の取引所のため全て英語です。そのため英語が苦手な人や、仮想通貨初心者の方には厳しいかもしれません。

 

デメリット2=円でやりとりできない

海外のため円には対応していません。じゃあどうやって売買するのか?

その方法とは、

  • ①日本の取引所(Zaifなど)でまずビットコインを買う。
  • ②そのビットコインをBITTREXのビットコインアドレスに送る。
  • ③BITTREX上のビットコインでXEMを買う。

という流れです。そのため売買するには結構ハードルが高いです。

BITTREX公式サイト

 

近々Binance(バイナンス)にXEM/NEMが上場する噂もあり

各ニュースやTwitterなどでXEMが近々するという噂が流れています。Binanceのトップも上場する予定である趣旨を語った記事もありました。

もし世界一取引量の多いbinanceに上場すれば、一気に価格が上がる可能性も十分あります。

binanceは登録希望者が殺到して、肝心な時に登録できないことがあるので、事前に登録しておくことをお勧めします。仮にXEMを買わないにしても、バイナンスは手数料がものすごく安い&取り扱い通貨がべらぼうに多いためおすすめです。

Binance公式サイト

 

その他のXEM/NEM取引所一覧

取引量が多い順に書いてます。

  • Poloniex(Bittrexが来るまでは海外で一番の取引所でしたが、いまは落ちましたね。)
  • HitBTC(イギリス。世界TOP10の取引量)
  • Upbit(韓国最大)
  • Huobi(中国最大級)
  • Livecoin(ロシアの取引所)
  • OKEx(オーケーコイン、中国三大取引所の一つ)
  • AEX(中国の取引所)
  • Bitcoin Indonesia(インドネシアの取引所)
  • Cryptopia(ニュージーランドの取引所)
  • Exrates
  • YoBit
  • Abucoins
  • Qryptos
  • Coss
  • Abucoins
  • Qryptos
  • Cryptomate
  • LiteBit.eu
  • Cryptopia COSS

こうみるとXEMを購入できる取引所はたくさんありますね。ただあまりこの辺りでやるのはセキュリティリスクもありますからおすすめはできません。

また取引量もPoloniexあたりを除けばそんなにないため、不利なレートで購入することになってしまいます。

また日本語対応ももちろんしていません。

 

XEM取引所まとめ

ずばりまとめるとこんな感じです↓

手数料高い:DMM Bitcoin>Zaif>Bittrex

難易度高い:Bittrex > DMM Bitcoin = Zaif

ぶっちゃけると口座開設は無料なので、とりあえず全部アカウントを作るのもありですね。少し面倒ですが。

ちなみに大手の仮想通貨取引所であるビットフライヤーは、まだXEMには対応していません。(※2018年1月26日時点)

 

 

XEM/NEMをウォレットに入れる場合

XEMを買ってガチホ(=売らずに持ち続けること)場合は、ウォレットに入れましょう!ハッキングなどのリスクを最小限に抑えられます。

ウォレットはNanoWalletがおすすめ!やり方も以下で解説しています。

【関連記事】

【初心者向き】NEM(XEM)のおすすめウォレットやハーベストの解説【NanoWallet】

 

NEM以外も取引したいと思ったらこちら↓

登録をおすすめする人気の仮想通貨取引所を徹底比較【ビットコイン・イーサリアム・リップル・ネム】

ABOUTこの記事をかいた人

保有資産の95%が仮想通貨。ビットコイン、イーサリアム、ネムなどを中心に取引所やウォレット情報その他諸々を執筆。仮想通貨はほぼ売っておらずガチホを貫く。将来ブロックチェーンの技術が実用化されることを確信している。いや、祈っているだけかもしれない、そんな管理人。 クマオ@仮想通貨のTwitterはフォローはこちら