トラリピ最強設定!おすすめはこれだ【少額投資】

トラリピ最強のおすすめ設定はこれでOK【少額投資】

こんにちはくまおです。今回は「トラリピ最強のおすすめ設定はこれでOK」についてお伝えします。

くまお
この設定でやっておけば、利益を積み上げられる可能性がかなり高いはずです。

少額投資でトラリピ最強の設定に必要なのは豪ドル・NZドル

少額投資でトラリピ最強の設定に必要なのは豪ドル・NZドル

トラリピ賢者のである鈴さんを参考に最強設定を作りました。

まずどの通貨で攻めるかによって、損するか儲かるか全く変わってきます。

結局トラリピに一番向いている通貨は

  • 豪ドル/円
  • NZドル/米ドル
の組み合わせです。

 

※「豪ドル=オーストラリアドル」「NZドル=ニュージーランドドル」を指します

豪ドル・NZドルをトラリピ最強設定に使う理由

豪ドル・NZドルをトラリピ最強設定に使う理由

一言で言うと、上下に行ったりきたりを綺麗に繰り返す通貨だからです。

トラリピで儲けるためにはAとBの条件があります。

  • A.上下に行ったり来たりを繰り返す
  • B.一定の値段の範囲の中でのみ動く
この両方を満たすのが、豪ドルとNZドルです。

条件についてもう少し詳しく説明します。

A.上下に行ったり来たりを繰り返す

A.上下に行ったり来たりを繰り返す

繰り返しになりますが、図のように上がったり、下がったりする通貨がトラリピでは相性がいいです。

なぜか?トラリピはシンプルにいってしまうと、以下の方法で儲ける仕組みだからです。

  • 「値段が下がった時に買い、高くなったら売る」
  • 「値段が高くなった時に売り、安くなったら買う」
簡単に言うとジグザクしてるときに注文されるんです。

一方で以下のような一方通行の通貨は非常に利益を出しづらいです。

トルコリラとかは上のような動きをするので、本ブログではおすすめしません。

プロフィールにも書きましたが、過去の反省も含めて、リスクのある投資はしないことにしましたので。損しないことを第一優先にやっていきます。

B.一定の値段の範囲の中でのみ動く

B.一定の値段の範囲の中でのみ動く

もう一つの条件は特定の範囲内で通貨の値段が動くことです。

図にあるように緑のエリアを行ったり来たりするのが理想です。

逆に危険なのは赤い領域(トラリピの設定範囲外)に入ってしまうこと。

こちらに入ってしまうと、トラリピでは儲かりません。

危険地帯①と②で状況が異なりますので簡単に説明します。

  • 危険地帯①=利益を確保する機会の損失
  • 危険地帯②=保有する通貨の下落による損失の拡大
特に危険なのは②です。損失がどんどん発生してしまいます。

だから一定の範囲内で動く通貨を選ぶべきです。

条件A,Bを満たすのが豪ドルとNZドル

これらの条件を満たす一番最適な通貨が豪ドルとNZドルなのです。

実際にNZドル/USDを例にとって、チャートでもお見せしましょう。

【NZドル/USD】4時間足

短期チャートで見ると、上下にジグザク動いており、見事にAの条件を満たしています。

 

【NZドル/USD】日足

長期のチャートで見ると、0.65ドル〜0.70ドルの間を推移しており、安定してレンジ相場(一定の範囲でのみ行き来する)になっています。

結論:トラリピ最強のおすすめ設定はこれでOK

ここからは豪ドル、NZドルで私が設定した内容をお伝えします。

らくらくトラリピで合計4本を設定しています。

  1. 豪ドル/日本円を買い
  2. 豪ドル/日本円を売り
  3. NZドル/USドルを買い
  4. NZドル/USドルを売り
です。

入金額はリスクをとって50万円です。

正直この設定なら30万円〜40万円の入金だけでも十分耐えられるでしょうけど、

私は安全に運用したいのでリスクを極力減らしています。

それでは個々の設定をお伝えします。一応このままの設定をすれば運用は可能です。

1.豪ドル買いのトラリピ設定

  • 豪ドル/円
  • 買い→売り
  • レンジ:85.00~70.20
  • トラップ本数:38本並べる
  • 注文金額:1本1本のイフダンは0.1万通貨
  • 利益金額:800円以上
  • 決済トレール:設定あり
  • ストップロス:設定なし

設定時のキャプチャ

2.豪ドル売りのトラリピ設定

  • 豪ドル/円
  • 売り→買い
  • レンジ:100.20~85.40
  • トラップ本数:38本並べる
  • 注文金額:1本1本のイフダンは0.1万通貨
  • 利益金額:600円以上
  • 決済トレール:設定あり
  • ストップロス:設定なし
※キャプチャ撮るの忘れました

3.NZドル買いのトラリピ設定

  • NZドル/米ドル
  • 買い→売り
  • レンジ:0.7600~0.7040
  • トラップ本数:15本並べる
  • 注文金額:1本1本のイフダンは0.1万通貨
  • 利益金額:4ドル
  • 決済トレール:設定あり
  • ストップロス:設定なし
※キャプチャ撮るの忘れました

4.NZドル売りのトラリピ設定

  • NZドル/米ドル
  • 売り→買い
  • レンジ:0.7000~0.6440
  • トラップ本数:15本並べる
  • 注文金額:1本1本のイフダンは0.1万通貨
  • 利益金額:4ドル
  • 決済トレール:設定あり
  • ストップロス:設定なし

設定時のキャプチャ

1~4とも過去数年の上下幅くらいであれば耐えられるレンジ(○円〜○円の範囲のこと)で組んであるので、リスクはかなり抑えられます。

万が一、設定したレンジから外れることがあっても、時々確認して修正すれば大丈夫ですよ。

らくトラおすすめ最強設定後の画面の見方

設定し終わった内容は、後からでも以下の画面から確認できます。

「取引TOP」→「トラリピ管理表」と言う流れです。

取引画面にログインしたあとに、「トラリピ管理表」があるので押す。

 

そうすると上記の画面になる。こちらに表示されているのが現在設定済みの内容になります。

 

まとめ:トラリピ最強のおすすめ設定はこれでOK【少額投資】

豪ドルとNZドルの組み合わせは、他の投資家の方も推奨しているやり方なので安心感がありますね。

ちなみに今だけ「スプレッドコスト半額」というキャンペーンもやってます。スプレッドとは簡単にいうと、買値と売値の差額です。

さらにマネースクエアポイントなどもつくので、ありがたいですね。

トラリピに関して、詳しくはマネースクエア公式サイトをご覧下さいな。

実際に投資してみた結果について、以下で書いています。

トラリピの利回り実績【2019年開始4週目】プラテン!

2019.03.13

トラリピの利回り実績【2019年開始3週目】含み益損発生!

2019.03.08

トラリピの利回り実績【2019年開始2週目】

2019.02.26

トラリピ口座開設の方法についても詳しく書きました!

トラリピ口座開設【初心者の私でもできた方法】

2019.03.10

ABOUTこの記事をかいた人

二浪マーチ→FX失敗→上場大手企業入社→仮想通貨で6,000万円溶かす→現在浮浪者。 金融系ブロガー。FXトラリピ始めました✨かつては総資産の95%を仮想通貨へ。BTC,ETHをまだ持ってます。ブログ:「トラリピと仮想通貨と私」の著者。将来ブロックチェーンの技術が実用化されることを確信している。いや、祈っているだけかもしれない、そんな管理人。 クマオ@仮想通貨のTwitterはフォローはこちら