ループイフダン

ループイフダンの1000通貨ってなに?

更新日:

ループイフダンの1000通貨ってなに?

  • 「ループイフダンが1000通貨から取引できるの?」
  • 「1000通貨の取引ってどういうこと?つまりいくら?」

そんな人に向けて書いています\(*ˊᗜˋ*)/

FXの用語ってわかりづらいですよね。

最初は私もチンプンカンプンでした。

株FX歴10年の私が初心者向けにお伝えしていきますね。

この記事でわかること

  • ループイフダンを1000通貨で取引できるとはどういうことか理解できる
くまお教授
はじまりはじまり〜

ループイフダンを1000通貨で取引とは

1000通貨で取引可能

まずループイフダンは最小で1000通貨から取引が可能です。

FXでは、一般的に1万通貨からしか取引できない会社が多いのが現状。

1万通貨の取引だとかなりの資金量が必要になるため、元手がないと厳しいです。しかし1000通貨なら売買しやすいです。

「でも1000通貨でいくら分の取引できるんじゃ〜!ワケワカメ教えて!」という人も多いはず。

1000通貨はいくら分?

答えをいうと、1000通貨で取引する場合、ざっくり「10万円分の取引」だと思ってください。

なぜそうなるか書きます。

FXの一番メジャーな通貨ペアである米ドル/円の組合わせを使って説明しますね。

これは円でドルを買うという意味です。

仮に1ドル100円だった場合、1ドルを買うためには100円必要です。文字通り。

この1ドルというのは、1通貨という意味になります(1ドル=1通貨)←こういうものだと覚えてください

だから1000通貨は1000ドルということなります。

もしレートが1ドル100円だった場合と仮定して、以下を計算しましょう。

その場合1000ドルを円に直すには、シンプルに1000倍するだけですよ〜!

1000ドル×1000=10万円です。

つまり1000通貨の取引をする場合、10万円の資金を動かしているのと同じことを指します。

ループイフダンの1000通貨に必要な資金

ループイフダンで1000通貨取引する場合に、元手としていくら必要なのを解説していきます。

さっき1000通貨の取引をする場合、10万円の資金を動かしていると書きました。

でもこれはあくまで1本の注文をした場合の資金です。

実はループイフダンだと注文本数が同時に10本とかは普通だったりします。

だからさきほど計算した1本10万円の場合、10万円×10本=100万円くらいの取引にはなります。

するとこんな声が聞こえてきそうです。

「えっ?でも100万円も用意できないよ?」

たぶんこういった方が大半ですよね。

実は100万円なくても100万円分動かすことができます。

答えから言うと、最低必要金額は4万円です。

ループイフダンではレバレッジと言って、テコの原理がつかえます(ループイフダンだけでなくFX全般に存在する)

レバレッジとは保有している元本(=業界では証拠金と言う)の何倍もの通貨を取引できる仕組みです。

投入する金額によって、このレバレッジは1~25倍の間で自動でかけられます。

1000通貨ペアを10本(100万円分)買う場合に必要な証拠金と、レバレッジの関係を表にしました。

レバレッジ 証拠金
1倍 100万円
2倍 50万円
3倍 33万円
4倍 25万円
10倍 10万円
20倍 5万円
25倍 4万円

※証拠金(=必要な元手)の出し方は、取引資金÷レバレッジで出せます。

ただしレバレッジを効かせすぎると、損失を受けるリスクも増えますので出来れば3倍まで、高くても4倍までをおすすめしています。

くわしくは以下記事でくわしくまとめました。

ループイフダンで高いレバレッジが危険な理由とチェック方法
ループイフダンで高いレバレッジが危険な理由とチェック方法

「ループイフダンのレバレッジはどうやって決まるの?」 「ループイフダンのレバレッジはどれくらいが安全?」 「どこでレバレッジを確認できるの?」 そんな人に向けて書いています\(*ˊᗜˋ*)/ 株FX歴 ...

続きを見る

1000通貨で1円動いた場合の損益金額

「1000通貨の規模感はなんとなくわかったけど、為替が動いたらどれだけ損益が出るかイメージがつかない」という人も多いでしょう

解説します。

まず答えから言うと、1000通貨の場合「レートが1円動いたら1,000円の損益になる」です。

たとえば1ドル=100円のときにドルを買ったとします。

もし持ち続けて1ヶ月後に1ドル=101円になったら、1,000円の利益です。

基本的に動いたレート1円に対して、通貨数(今回の場合1000)を掛けてあげると答えが出ます。

米ドル以外の1000通貨の費用感

先ほどまではわかりやすいように米ドルを使いました。

ここからは他の通貨ペアのときにどうなるか解説します。

豪ドルの1000通貨

ループイフダンで人気の豪ドルで説明しましょう。

最近は1豪ドル=70円ほどなので、その前提で計算します。

1000通貨ペアとか通貨に1000倍すればいいだけなので、70円×1000=70,000円。

つまり注文1本当たりに必要な資金は70,000円です。米ドルの100,000円に比べると少なくなります。

このように通貨の価格が安いほうがたくさん買えます。

豪ドルがループイフダンで人気なのは、安さも理由の一つです。

ポンドの1000通貨

今度は1ポンドあたり130円ほどを推移しているポンドの場合で計算してみます。

130×1000倍=13万円。

つまり1000通貨でポンドを取引すると13万円分の売買となります。

このように通貨の価格が高いほうが、必要な資金も増えます。

他の通貨ペアも同じ用に計算すればOKです。

まとめ|ループイフダンの1000通貨の計算は簡単

ループイフダンを1000通貨で運用できるとはどういうことかお伝えしてきました\( ´꒳`)/

まとめるとこんなかんじです。

  • 1000通貨は通貨の価格に1000倍すれば出る
  • 米ドルの場合は1000通貨で約10万円
  • 豪ドルは1000通貨で約7万円
  • ポンドは1000通貨で約13万円

なるべく丁寧めに解説しましたけど、イメージできましたか?質問あったらツイッターとかでお気軽にどうぞ₍(∩´ ᵕ `∩)⁾⁾

くまお教授
ループイフダンの始め方は以下記事をご覧くださいね。

ループイフダンのやり方・始め方を全て画像つきで解説!

ループイフダンのやり方・始め方を全て画像つきで解説
ループイフダンのやり方・始め方を全て画像つきで解説!

どうもくまおです!(@kumao__kumao) 「ループイフダンに興味あるけどやり方とか始め方よくわかんね!」 私もまさについ最近までそんな感じでしたが、取引開始まで完了したのでやり方を丁寧に解説し ...

続きを見る

いまならキャンペーンもやってますρ(∇`llllll) コレコレ

【公式】アイネット証券のキャンペーンをみる

  • この記事を書いた人
くまお教授@資産運用してる?

くまお教授

初心者に役立つ資産運用を紹介!積立FX、株、iDeCo、積立NISA、THEO、ウェルスナビ、トラリピ、みんなのシストレなど長期で運用♪ 【経歴】大手上場企業入社(年収800万円)→仮想通貨で6千万溶かす→退職し今は自営業。投資歴10年以上 くまお教授のTwitterはこちら

-ループイフダン

Copyright© 資産運用してる? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.