投資信託 iDeCo

SBI全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま)の評価と運用実績

投稿日:

SBI全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま)の評価と運用実績

どうもくまおです!(@kumao__kumao)

SBI全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま)の運用を開始したので、運用実績と評価を書いていきますね。

ちなみにSBI証券のiDeCoで運用してるよ(*´꒳`*)

実績は随時更新していきますね。

くまお
レッツゴー!

SBI全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま)の運用実績

私の運用実績、過去・今後見込める利回りについて解説します。

私の運用実績

くまお
まず運用実績から行きましょうか!

SBI全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま)の運用実績

現在は元本134,939円を投資し、実績は2,009円!

利回りは1.5%です。

まずますじゃないでしょうか。

まだ初めて間もないため、今後も実績報告を継続していきますね。

ちなみにiDeCoで運用していますが、つみたてNISAであろうと何であろうと投資商品は同じなので実績は変わりません。税金は別ですけどね。

過去の利回り

※引用:SBI証券

設定来(始まってからの類家実績)は4.55%となっています。

トータルリターンは累計の利益のこと。

SBI全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま)は、2017年12月に開始した投資信託ですのでまだ運用実績は直近のものしかありません。

上記の画像にある「本ファンド」と「カテゴリ平均」の違いは以下です。

  • 本ファンド=「SBI全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま)」
  • カテゴリ平均=似た投資信託(楽天ヴァンガードなど)のスコア」

今後見込める実績

くまお
これからどれくらい伸びそうか予想してみますね。

そのためには過去実績が参考になります。

2017年から始めた「SBI全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま)」ではありますが、そのベンチマークとなる指数はもっと前からあるんです。

くまお
投資信託はベンチマークと言って、利回りの目標となる指数を目指しているんだ。基本的にはこの指数と同じ基準価額(≒株価)をたどるよ

ベンチマークをさらに詳しく

その投資信託が運用の目安としている指数をいいます。通常、投資信託のベンチマークには一般的な「指数」(例えばTOPIX(東証株価指数)や日経平均株価など)が設定されます。 つまり、TOPIX(東証株価指数)という「インデックス」(指数)が、ある投資信託の「ベンチマーク」になるのです。
引用:モーニングスター証券

だからそのベンチマーク(指数)をベースにした年間収益率を見てみましょう。

引用;SBIアセットマネジメント

薄い青がベンチマークの実績、青い色が実際の「SBI全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま)」の実績です。

単純に上記の利益率を合計すると、8年間累計で+98.75%。1年あたり12.3%です。

もしこのままの勢いで続いたと仮定して、今後見込める実績を出しますね。

仮に毎月3万円ずつを30年間投資した場合で計算した結果が以下。

元金 利息 利回り
10年 3,600,000 3,495,904 97.1%
20年 7,200,000 24,021,098 333.6%
30年 10,800,000 102,443,766 948.5%

複利シミュレータを使用(非課税、月複利、利息短足切り捨てで計算)

世界経済は右肩上がりに伸びているので、全世界に投資していれば基本的に伸びていく可能性は高いです。

ただし今回のシミュレータはあくまで過去の実績を元にしたもの。あくまで予測に過ぎないことをご了承ください。

以下に長期の世界経済のチャートに関する記事を書きましたので、御覧くださいな

関連記事
米英の株価(NYダウ・S&P・FTSE)長期チャート公開
米英の株価(NYダウ・S&P・FTSE)長期チャート公開

世界経済の多くを占めるアメリカとイギリスの株価指数の長期チャートを公開していきます。 特に主要な指標である米国のNYダウ、S&P500と英国のFTSE100についてお伝えしますね。 くまお長期 ...

続きを見る

 

評価 | SBI全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま)

SBI全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま)の評価はネットで調べてもほとんどなかったので、私が様々な観点からしていきます。

売上順位から評価を見る

くまお
銀行などと違ってネット証券で売れている投資信託は、実際に優秀な事が多いです。

ネットの2大証券会社であるSBI証券と楽天証券の順を見てみましょう。

  • SBI証券の積立設定件数(月間)で9位
  • 楽天証券の積立設定件数ランキングで28位

となっています。

※2019年5月時点

まずまずの順で、この観点では評価されているとみていいでしょう。

純資産総額からみる

※引用:SBI証券

緑のラインが純資産総額。これが増えるということは、つまり購入者が増えているということです。

投資信託を買うときは、純資産総額が右肩上がりに増えている物を選ぶことをおすすめします。

SBI全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま)は評価するに値する伸び方です。

純資産総額とは

純資産総額ファンドの大きさです。どれだけみんなに買われているか人気度がわかります。

 

信託報酬料による評価

投資信託を選ぶときに非常に重要なのが、コストとなる信託報酬料。

信託報酬料とは

毎月運用会社に払う費用(常時)。最終的に運用会社に払う投資商品の維持費用です。

イメージとしては以下の感じです。

SBI全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま)の信託報酬料は「税込0.150%」です。

似たような全世界にベンチマークをしている他の投資信託と比較してみますね。

信託報酬料 実質コスト
SBI全世界株式インデックスファンド(雪だるま) 0.150% 0.342%
楽天・バンガード全世界株式 0.2296% 0.492%
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 0.15336% 決算前

このように比較してみるとコストの面で有利といえます。

 

【復習もかねて】SBI全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま)の概要

もうご存知のかたも多いかもしれませんが、SBI全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま)の基本情報についてお伝えしていきます。

開始年月

先程のちらっと説明しましたが設定日は2017/12/06です。

比較的新しい投資信託と言えます。

投資対象ファンド

ファンド 割合
シュワブ U.S. ブロード マーケット ETF 50%
SPDR ポートフォリオ・ディベロップド・ワールド(除く米国) ETF 40%
SPDR ポートフォリオ・エマージングマーケッツ ETF 10%

これらに投資することで全世界の株式に分散しています。

SBI全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま)は100円から変えて、全世界に投資できるのでいいですね。

手数料・信託報酬

コストとなる購入手数料は無料で、信託報酬は0.150%。

かなり安い水準といえるでしょう。

ライバルの動向によっては今後引き下げの可能性もありそうですね。

投資対象国

SBI全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま)の投資対象国はかなり幅広いです。

具体的には以下の通り。

国名 比率
米国 51.51%
日本 8.62%
英国 5.30%
カナダ 3.17%
フランス 3.13%
スイス 2.96%
中国 2.85%
ドイツ 2.65%
オーストラリア 2.27%
韓国 1.72%
その他 15.82%

※引用:SBIアセットマネジメント、2019年4月の月報時点

他の全世界系の投資信託と同様に米国の比率が高めです。

その他は欧米圏の先進国を中心に、一部アジアの先進国が含まれています。

投資対象銘柄

くまお
代表的な投資対象銘柄を紹介します。

※あくまで以下の株を直接買っているわけではなく、保有しているETFの加重平均で計算

企業名 比率
マイクロソフト 1.79%
アップル 1.64%
アマゾン・ドット・コム 1.44%
アルファベット コミュニケーション・サービス 1.39%
フェイスブック 0.82%
バークシャー・ハサウェイ 0.75%
JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー 0.67%
ジョンソン&ジョンソン 0.67%
エクソンモービル 0.61%
ネスレ 0.54%

※2019年4月の月報時点

米国の比率が高いだけあって、上位の銘柄は全てアメリカです。なんだかんだアメリカの株価は実績が良いですからね。

まとめ | SBI全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま)の評価と運用実績

まとめ | SBI全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま)の評価と運用実績

SBI全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま)の評価と運用実績は毎月100円からつみたてができて、しかも全世界に分散投資ができます(≧∇≦)/

しかもコストが安いのでかなりおすすめの商品です。

まずは少額からコツコツ貯金代わりに試してみることをおすすめします(*˘︶˘*)

▼積立やNISAなら間違いなくSBI証券楽天証券がおすすめ

積立NISAの証券会社でおすすめ口座は2社 | 本音
積立NISAの証券会社でおすすめ口座は2社 | 本音

どうもくまおです! 積立NISAを始めるなら証券会社の口座は「SBI証券」か「楽天証券」のどちらかがおすすめです。 私はどちらも口座を持っています。その理由や特徴をお伝えしますね╰(*´︶`*)╯ く ...

続きを見る

▼iDeCoならSBI証券が対応しています。

※すでにSBI証券の口座がある方も別途作成が必要です。

iDeCoはSBI証券のセレクトプランをおすすめする理由
iDeCoはSBI証券のセレクトプランをおすすめする理由

どうもくまおです! iDeCo(確定拠出年金)を始めるならSBI証券のセレクトプランが一番おすすめです! 私はもともと企業型年金に入っていて、今回SBI証券に切り替えしてきました╰(*´︶`*)╯ く ...

続きを見る

▼このブログでは他にも資産運用に役立つ情報を書いています。合わせて読み漁ってみてください♪

他にeMAXIS Slimシリーズもかなりおすすめです。

  • この記事を書いた人
アバター

くまお@資産運用してる?

初心者に役立つ資産運用を紹介!積立FX、株、iDeCo、積立NISA、THEO、ウェルスナビ、トラリピ、みんなのシストレなど長期で運用♪ 【経歴】大手上場企業入社(年収800万円)→仮想通貨で6千万溶かす→退職し今は自営業。投資歴10年以上 くまおのTwitterはこちら

-投資信託, iDeCo

Copyright© 資産運用してる? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.