トラリピとは?初心者向けに簡単に説明【FX】

トラリピとは?初心者向けに簡単に説明【FX】

トラリピとは?について、初心者の方でもよくわかるようにくまおが噛み砕いて説明しますヽ(・∀・)

  • 「トラリピが気になるけど何ができるの?」
  • 「トラリピについて調べたけどいまいちよくわからない」
  • 「知らんけどトラリピって怪しそうだな」
という方にうってつけの記事です。
くまお
5分くらいで読めます!

トラリピとは?初心者向けに簡単に説明【FX】

トラリピは「トラップループイフダン」の略。こんな難しい言葉で言われてもよくわからないと思います。

だから一言でいうと、「自動でFXの売買をしてくれる仕組み」です。

FXって普通はチャートを常に追って売買を繰り返すイメージを持つ方もいるかもしれません。

しかしトラリピなら最初に1度設定してしまえば、あとは自動で機械が最適な売買をしてくれるため日々チャートに追われる必要はありません。

トラリピの売買方法とは?

トラリピは自動で売買をするとお伝えしましたが、その方法をお伝えします。

簡単にいうと下図のように「安いときに買って高いときに売る」が基本です。

為替は一定の決まった範囲内を、行ったり来たりを繰り返すのが一般的。その差額を狙います。

人の手でこれをやるのはなかなか難しいですが、機械が自動でやってくれるので楽チン。

常に相場をチェックし続ける必要がありません。

こうやって自分の指定した金額で注文を予約できます。これを指値などと呼びます。

何本も注文が設定されるトラリピ

さらに一度の設定で、注文予約を何本もすることができます。

しかも下図のように等間隔にできちゃうです。

1本しか設定しないと注文が始まらずに困ります。

しかしトラリピならクモの巣のように設定されるため、注文が引っかかりやすくなります。

トラリピなら売却も繰り返される

図のように買いだけでなく、売りもセットで自動予約されます。

これにより「安い時に仕込んで高い時に売る」が「何本も設定」できます。

トラリピの注意点とは

買いと売りの設定を何本もできるとお伝えしましたが、無限にできるわけではありません。

以下の制限があります。

  • 一定の金額範囲の制限
  • 本数制限
それぞれ説明します。

一定の金額範囲の制限

図のようにトラリピではまず何円〜何円の範囲内(レンジ)で、仕掛けるかを決める必要があります。

緑のエリアが設定範囲内だとすると、その中で相場が動く分には問題ありません。

しかし危険派なのは赤い危険地帯に入ること。

  • 危険地帯①に入ると、注文予約がされていない場所なので、本来得られるはずであった利益を取りこぼしてしまいます
  • 危険地帯②に入ると、含み損(利益がマイナス)を抱えてしまいます
「じゃあ範囲をものすごく広くすればいいじゃないの?」と思うかもしれません。

しかしそれはできません。なぜなら範囲を広くしすぎると、注文間隔も広くなってしまい注文予約したものが決済されません。

だから相場を見極めつつ、超えてない程度の範囲で設定するのがベストです。

本数制限

もう一つの本数制限について説明します。

設定する範囲内に仕掛けられる注文本数は無限ではありません。

注文数が多くなればなるほど、元手資金が必要になります。

まとめると、適切な金額範囲と本数を決めて運用することがポイントです。
マネースクエア

トラリピに向いている人とは?【FX】

「どんな人がトラリピFXに向いているのか?」

答えは

  1. 常に相場をみるほど暇でない人
  2. FX初心者
  3. 感情で売買してしまう人
です。

常に相場をみるほど暇でない人

サラリーマンや普段の生活でチャートを常に見ることは難しいと思います。

そういった人は割と放置でOKなトラリピはオススメです。

ただ1週間に1度くらいはチェックすることを推奨します(´・_・`)

FX初心者

「FXをやったことない」「やったことがあるけどいまいちよくわからない」という方にもオススメ。

私もかつてトレードして失敗したことがありますが、自分の手でFXをやるのはかなり難しいです。

取引画面もわかりづらいですしね。しかしトラリピは使い方も簡単で初心者向きのサービスになります。

感情で売買してしまう人

私もこれに該当しますww

ついつい「もっと利益を得たい!」「損したくない!」という感情が働いて冷静に取引できなくなります。

大抵の投資家がそうらしいです。。すると大抵いい結果にはなりません。

しかもいつも相場が気になってしまい、他のことに集中しづらくなります。

トラリピであれば最初の設定だけやれば終わりですし、コツコツお金を増やしていく仕組みなので割と安心でしょう。

トラリピって実際儲かるの?

結局これを機にする人が大半ではないでしょうか。

結論をいうと、儲かる可能性は高いです。

実はFXは「8割の投資家が負ける*」などと言われています。

しかしトラリピをやっている人は「60ヶ月もの間にわたって預かり資産が増加している*」とのことです。

もちろん、そのときの相場や設定、諸々の状況によって変わりますのでそのことは肝に命じてくださいね。投資にはリスクがつきものですから。

*出典:FXトラリピの教科書

ちなみに私も運用実績をブログで公開していますのでよかったら参考にしてみてください。

トラリピの利回り実績【2019年開始3週目】含み益損発生!

2019.03.08

トラリピの利回り実績【2019年開始2週目】

2019.02.26

トラリピのデメリットとは

もちろんトラリピにもデメリットはあります。

  • 手数料がかかる
  • ある程度の元手がいる
  • 通貨下落リスク
です。

手数料がかかる

トラリピは買いと売りの際に手数料が発生します。これは購入回数が増えるほどコストも増大するので困りますね。

→手数料が無料になりました。

 

通貨下落リスク

これはトラリピに限った話ではないですが、通貨が大幅に下落するリスクががあります。

直近でいうとトルコリラのような通貨ですね。あくまでFXですのでこのあたりのリスクは避けられません。

私は怖いので世界的に評価の高い通貨のみに絞って投資をしています。金利が高いからといってあまりマイナーすぎる通貨に手を出すべきではありません。

選ぶ通貨をミスしなければ、下落リスクは格段に下げられると思っています。

私は格付け最上位のオーストラリアドル、ニュージランドドルに投資しています。

参考:国債格付け

  • Aaa(AAA):オーストラリア、ニュージーランド
  • Ba1(BB+):トルコ

トラリピのメリットとは

トラリピのメリットも挙げてみます

  • 自分で細かい管理が不要
  • 適切なポジションで自動で売買される
  • 時間がない人でもできる
簡単にいうととにかく楽なところでしょう!

細かい説明は繰り返しになりますのでやめておきますね。

トラリピの口座開設方法は?

トラリピ公式サイトからできます。今だと左記のURLからキャンペーンも色々やっています。詳しくはサイトを見てねん♪

ちなみに申し込みしてから取引が可能になるまで、私は1週間くらいかかりましたね。2019年2月のことです。

※【補足】トラリピの口座開設・維持費などは諸々無料

詳しい方法は、以下で丁寧に解説しましたので参考にしてくださいな。

トラリピ口座開設【初心者の私でもできた方法】

2019.03.10

トラリピのおすすめ設定は?

繰り返しですが、おすすめの通貨は

  • オーストラリアドル
  • ニュージーランドドル
です。

あとアメリカドルと日本円の組み合わせも悪くないですね。

私の設定は以下で載せてますのでよかったら参考にしてみてくださいね♪

トラリピ最強設定!おすすめはこれだ【少額投資】

2019.03.09

トラリピとはどこが運営しているの?

トラリピはマネースクエアという会社が運営しています。略称はM2J。

知っている方は少ないかもしれません。実際私もちょっと前まで知りませんでした(すみません)

調べたら意外にも2002年と結構前から運営してました。

トラリピを扱っているのはまだマネースクエアだけです。実はトラリピで特許を取っています。

つまりそれだけすごい会社といえるかもしれません。

トラリピの評判・口コミは?

ネット上で色々みると、控えめに言っても評判はかなりいい方です。

実際に私も電話でわからないことを10個くらい質問しましたが、全て丁寧にわかりやすく答えてくれました。中には結構マニアックな質問も普通に回答が返ってきます。

お相手はベテランっぽいん優しいおじちゃんだった。。普通電話窓口って若いお姉ちゃんのイメージですが、逆におじちゃんのほうが詳しくてよかったww

こういう会社って「メールとかでしか対応してくれないのかな」と思ってましたが、違いましたねー。

<まとめ>トラリピとは?初心者向けに簡単に説明【FX】

トラリピはガツンと一攫千金を狙うものではなく、損失を極力減らしコツコツ儲けたい人向きです。

プロにFXで勝つならコツコツが一番近道だと思います。

私は試しに50万円ほど入れて運用中。もちろんもっと少ない金額(10万円とか)でも運用可能です。リスクを考えると30万円くらいが理想ではあります。

あくまで余裕資金でやってくださいね(*´ω`*)

ABOUTこの記事をかいた人

二浪マーチ→FX失敗→上場大手企業入社→仮想通貨で6,000万円溶かす→現在浮浪者。 金融系ブロガー。FXトラリピ始めました✨かつては総資産の95%を仮想通貨へ。BTC,ETHをまだ持ってます。ブログ:「トラリピと仮想通貨と私」の著者。将来ブロックチェーンの技術が実用化されることを確信している。いや、祈っているだけかもしれない、そんな管理人。 クマオ@仮想通貨のTwitterはフォローはこちら