積立NISA

積立NISAのメリットとデメリットを惜しみなく書くよっ!

更新日:

積立NISAのメリットとデメリット

「つみたてNISAのメリットとデメリットをちゃんと教えてほしい」

そんな人に向けてFP保有のくまお教授(@kumao__kumao)お届けします。

この記事のポイント

つみたてNISAをやる上で必ず知っておきたい短所と長所を解説

くまお教授
いっきまーす!

積立NISAのメリット7つ

くまお教授
まずはメリットから解説していくよ

①購入時手数料が0円

商品を買うときに購入手数料がかかりません。

つみたてNISAとはの記事でも解説していますが、つみたてNISAは投資信託を運用する国の優遇策です。

普通に投資信託を買った場合は、購入手数料がかかることがあるのですが、積み立てNISAではかからないので気にする必要がありません。

②利益の税金が0円

買った銘柄で利益が出たら、20.315%の税金がかかるところをつみたてNISAだと0円になります。

たとえば100万円の投信が200万円に値上がりし売却したとします。

普通は100万円に対し20.315%の税金つまり、約20万円が引かれて利益が約80万円になってしまうんですよね。

でもつみたてNISAなら税金が引かれないのでまるまる200万円が受け取れます。

くまお教授
整理すると以下の通りだよ
利益 税金 手取り
つみたてNISAなし 100万円 20万円 80万円
つみたてNISAあり 100万円 0万円 100万円

※税金と手取りはわかりやすいように小数点以下は除外し計算

③コストの安い商品に厳選されている

国が扱える投資信託にかなり厳しいルールを課しているため、質の高い商品に厳選されています。

投信を運用する維持費として必ずかかる信託報酬というものがあるんですけど、これが安いんです。

常にかかるコストですから安いに越したことはありません。

信託報酬率とは!計算方法や目安・いつかかるか
信託報酬率とは!計算方法や目安・いつかかるかも解説【図解あり】

「信託報酬率とは?」 「なんとなくイメージできるけどイマイチ理解しきれてない」 という人に向けて書いています。 くまお教授実は私も投資を始めたばかりの頃は、全く意味わかっていませんでした。ほんと投資用 ...

続きを見る

④毎月100円から始められる

少資本で始められるというのがつみたてNISAの大きなメリットです。

銀行では毎月1,000円から、ネット証券では毎月100円からスタートできます。

自分の余裕資金に見合った金額でできるので、誰でも低いハードルで始めることが可能です。

反対に株式だと安い銘柄でも最低5〜10万円は必要です。高いものだと100万円以上ないと買えないものも。

⑤自動で積立で手間がかからない

一度設定するとあとは毎月など銀行口座から引き落としがされます。

だから自分で買ったりする手間が一切ありません。

自動引落の貯金感覚で始めること出来ます。

⑥いつでも引き出せる

解約料も基本的にかからずいつでも好きなときにやめることができます。

現金化も最短で数日以内には反映します。

手続きもネット上で完結するので、手間もほとんどかかりません。

いつかやめたいときが来る可能性もあるので、いつでも解除できるのは安心ですよね。

詳細は以下でまとめています。

つみたてNISAの解約方法と注意点
つみたてNISAの解約・売却方法と注意点

「つみたてNISAは解約できる?」「費用はかかる?」「どうやってやるの?」 そんな方向けです。 答えを言うと途中で無料で解約できますし、方法は簡単です。 この記事ではFP保有のくまお教授(@kumao ...

続きを見る

⑦長期投資のため利益を確保しやすい

投資信託は長期で一番成果を出しやすい投資商品です。

世界経済は長い目でみると右肩上がりでずっと成長しています。

短期的にはリーマンショックのような恐慌がありますが、10年20年という長い期間でみたときに利益がプラスになる確率は極めて高いと行っていいでしょう。

実際に私がよくおすすめしている先進国株式やS&P500米国株式といった指数に連動する投資信託は年平均7%ほどの成長を見せています。

ここでこれ以上書くと脱線するので、詳細は以下の記事を見てくださいね。

積立NISAおすすめ銘柄とファンド3選【今買うべき投資信託】
積立NISAおすすめ銘柄とファンド3選【今買うべき投資信託】

「積立NISAでおすすめの銘柄はなに?」 「どこのファンドの、どの投資信託を選べばいいかわからない」 という人に向けて書いています。 答えから言うと、eMAXIS Slimシリーズがおすすめです。 株 ...

続きを見る

 

積立NISAのデメリット5つ

くまお教授
今度はデメリットについてもしっかり書いていくよ

メリットと比べてマニアックな要素が多いので、よくわからないところはこんなものもあるんだくらいで読み進めてくれて問題ないです。

①元本割れすることがある

これは積み立てNISAのデメリットというよりは投資全体の共通デメリットです。

投資信託を運用するわけなので、プラスのときだけでなくマイナスのときもあります。

ただ10年20年でちゃんとした銘柄で運用すればかなりの確率でプラスになるので、あまり心配する必要はないでしょう。

②損益通算ができない

つみたてNISAでは損益通算が使えません。

損益通算というのはマイナスの利益が出たときに、利益が出たものと相殺できる制度です、

わかりやすい例が幻冬舎であったので掲載します

たとえば、A証券会社で投資をして100万円の利益が出たとします。一方、B証券会社で投資をして100万円の損失が出たとします。通常であれば、この100万円は相殺されるため、この人が投資で得た収益はゼロ円という扱いで非課税になります。

しかし、NISA口座は相殺できません。仮に、損失を被ったB証券会社がNISA口座であれば、A証券会社の100万円の利益はそのままです。つまり、本来は投資で利益を得ていないのに、100万円に対して税金(203,150円)がかかるということです。

引用:幻冬舎GOLD ONLINE

これは3年間適用されるので地味に助かる制度です。

③商品数が少ない

つみたてNISAは国の厳しい条件のくぐり抜けた銘柄しか取り扱えないので、どうしても選べる選択肢が減ります。

銀行やゆうちょ保険会社などでは3~10程度しかありません。

ネット証券では100〜150程度。

ただ数がある程度絞られているので迷わず選びやすいのと、手数料がぼったくりの悪徳商品がはじかれている点は魅力だと思います。

ちなみにつみたてNISAを抜きにしたときの投資信託の数は合計ほどあります。

投資信託の詳細を知りたい方は以下の記事も呼んでみてください。

投資信託とは何か!簡単にわかりやすく解説
投資信託とは何か!簡単にわかりやすく解説

「投資信託とは何かわかりやすく教えて」 「いまいちよくわからないから簡単に説明してほしい」 そんな人に向けて書いています(*´▽`*)❀ この記事では投資信託運用中でFP保有の私が解説しています。 こ ...

続きを見る

④非課税枠の再利用や繰越しができない

一度非課税枠を使って購入したら、後で売っても非課税枠が戻ってくるわけではありません。

またその年に使わなかった非課税枠は翌年にリセットされます。

たとえば今年の上限が40万円余っていたとしても、来年は80万円になるわけではなく40万円のままです。

⑤スイッチングができない

スイッチングとは、持っている商品を売って得た金額で別の金融商品を購入することです。

先ほどお伝えしたとおり、つみたてNISAは「非課税投資枠の再利用ができない」ので、スイッチングをする場合は、その年の非課税投資枠を追加で利用しないといけません。

iDeCoは非課税枠を減らさずに商品を入れ替えられるので、その点積立NISAはデメリットといえるでしょう。

両者の違いは以下でくわしく書きました。

iDeCoと積立NISAの違いや併用を優しく解説
iDeCoと積立NISAの違いや併用を優しく解説【実際に運用中】

「iDeCoと積立NISAの違いが難しくてよくわからない」 「併用は可能?」 そんな人に向けて書いています。 株FX歴10年の私が初心者でもわかりやすくお伝えしていきますね( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾ ...

続きを見る

⑥口座開設に1ヶ月くらいかかることも

今はかなり人気なので申込みをしてから、実際に口座開設が完了するまで1ヶ月くらいかかることもあります。

可能なら早めに進めておいたほうがいいでしょう。早めることでお金がかかったり、その他のデメリットは別にないので。

投資が早いほど複利の効果で利益が期待できるので、投資は早くからやったほうがいいと一般的に言われています。

複利のすさまじさはこちらの記事を見てくださいね。

複利とは?単利との違いや計算方法を解説
複利とは?単利との違いや計算方法を解説

どうもくまおです! 株やFX、投資信託をする上で複利を知ることは非常に重要です。 この記事では 複利とは何か 単利との違い シミュレーションを使った計算方法 がわかります╰(*´︶`*)╯ くまお教授 ...

続きを見る

色々デメリットを挙げてきましたが、明らかにメリットのほうが上回っていると私は感じています。

デメリットは普通に投資する上ではあまり影響のないマニアックな物が多いからです。

利益を得るという意味でやはりメリットのほうが強いと感じています。

 

たくさんの銘柄を買う場合のリスク

少額でたくさんの銘柄が選べるので、ついつい沢山の種類を買ってしまうことがあります。

ただあまり広げすぎると管理が大変で自分のポートフォリオがわからなくなりやすいです。

慣れないうちは多くても3〜5つくらいにしておいたほうが管理しやすいですよ。

投資信託という商品自体、かなり分散投資の効果があるものなので。

なにを買えばいいか迷っているという方は、以下の記事でタイプ別におすすめの銘柄を考えてみたので参考にしてくださいね。

つみたてNISAのポートフォリオ
つみたてNISAのポートフォリオ!タイプ別におすすめをFPが解説

つみたてNISAのポートフォリオってどうやって組むべき? そんな人に向けて書いています(◦ˉ ˘ ˉ◦) 私個人の独断と偏見でお届けしますね。 この記事ではつみたてNISA運用中&FP保有のくまお教授 ...

続きを見る

とりあえず超無難で後から後悔しづらいポートフォリオになっていると思います。

 

まとめ|つみにーはデメリットよりメリットのほうが大きい

このブログではつみたてNISAのメリットやデメリットを解説してきました( ◌•ω•◌ )

記事内容をまとめると以下のようになります

  • つみたてNISAは手数料・税金面がかなり優遇されている
  • デメリットはマニアックな要素が多く、メリットに比べるとさほど気にする程度のものではない
くまお教授
みんなの資産が少しでも増えるように願ってます

くまお教授のツイッターもみてね(@kumao__kumao)
※質問やコメントもお気軽にどうぞ

他の記事も読んでくれたらうれしいな(◦ˉ ˘ ˉ◦)♡

おすすめの金融機関は以下で解説しています。

積立NISAの証券会社でおすすめ口座は2社 | 本音
積立NISAの証券会社でおすすめ口座は2社 | 本音

どうもくまおです! 積立NISAを始めるなら証券会社の口座は「SBI証券」か「楽天証券」のどちらかがおすすめです。 私はどちらも口座を持っています。その理由や特徴をお伝えしますね╰(*´︶`*)╯ ネ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
くまお教授@資産運用してる?

くまお教授

初心者に役立つ資産運用を紹介!iDeCo、積立NISA、ループイフダン、トラリピ、THEO、ウェルスナビなど長期で運用♪ 【経歴】大手上場企業入社(年収800万円)→仮想通貨で6千万溶かす→退職し今は自営業。投資歴10年以上。一応FP資格もあり。くまお教授のTwitterはこちら

人気記事

イデコ比較!実際に運用中の私が読者を想って解説【2019年版】 1

「iDeCo(イデコ)を比較したときにどこがいいの?」 「色々みてみたものの実際に使っている人の意見を聞きたい」 という人向けです。 iDeCo(イデコ)は1つの金融機関でしか選べないため、絞らないと ...

積立NISAの証券会社でおすすめ口座は2社 | 本音 2

どうもくまおです! 積立NISAを始めるなら証券会社の口座は「SBI証券」か「楽天証券」のどちらかがおすすめです。 私はどちらも口座を持っています。その理由や特徴をお伝えしますね╰(*´︶`*)╯ ネ ...

FX初心者におすすめの口座3つ 3

「FXはまだ初心者なんだけど、どの口座がおすすめなのかわからない」 「運用して実際にFXで儲かってるのってどこ?」 そんな人に向けて書いています( ᐢ˙꒳˙ᐢ ) この記事の概要 FX初心者でもかんた ...

-積立NISA

Copyright© 資産運用してる? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.